PaellaMania

-特定非営利活動法人-全日本パエリア連盟

© 2018 PaellaMania  created with Wix.com.

​国際パエリアコンクール日本予選・大会概要

【開催日時】
7月14日(日) 10:00 (集合時間/8:30 終了予定/18:00)
【事前講習会】
7月13日(土) 13:00頃
      講師:洞町スペイン酒場jugemオーナー / 橋本良太郎シェフ
         (2018年 国際パエリアコンクール日本チャンピオン)
                                                                                                                               
【開催場所】変更になりました    
「馬橋稲荷神社 -まばしいなりじんじゃ-
    最寄駅:JR阿佐ヶ谷駅,東京メトロ丸ノ内線新高円寺駅
​       住所:東京都杉並区阿佐ヶ谷南2-4-4
【大会概要】

       今年で59回目を迎えるパエリアのコンクールで、発祥の地スペインでは最も歴史のある「食のコンペティション」として

   愛されています。近年では、スエカ市と協力協定を結び「スエカ国際パエリアコンクール」- Concurso Internacional de Paella

   Valenciana de Sueca」として、日本・オーストラリア・アメリカ・フランス・メキシコ・ペルー・コスタリカなど、様々な国で

   予選が行われます。

      毎年9月の第二日曜日に行われる本大会では、約40チームにおよぶファイナリスト達がパエリア職人世界一の座をかけて戦う

   世界的な料理コンクールに発展しております。
      競技のレシピは「パエリャバレンシアーナ」-Paella Valenciana-と呼ばれるパエリアの元祖。お肉がメインとなるこのパエリア

  の完成までには、姿の状態で配られる肉を捌くところから始まり、制限時間内に薪を使う伝統的な方法で作り上げていきます。

   その後、審査員により「味・見た目・色・食感・お焦げ」の5項目に基づいてブラインド形式のシークレットで審査が行われます。

     この本大会への出場権をかける戦いの日本予選と合わせ、パエリアをはじめとするスペイン料理への啓蒙、さらにバレンシア州・

  スエカ市の伝統文化を学び知識と技術の向上へと繋げてまいります。

《優勝者特典》
第59回スエカ市国際パエリアコンクール出場資格
 副賞としてスペイン行き航空券2名分相当をプレゼント予定 ※決定次第正式公開予定
【参加資格】
日本で営業するスペイン料理店
     (本申込時に、営業許可証・PL保険加入証を提出)
【参加費】
¥65,000- 料金/割引詳細を見る

【パエリアの調理方法】

大会本部が用意した食材のみを使用し、
70cmのパエリア鍋を専用のバーベキュー台で薪を使用して作成。

違反行為が発覚したチームはその場で失格とみなします。

【作成していただくパエリア】

バレンシアパエリア[Paella Valenciana] 15人前

西暦900年頃に誕生したパエリアの元祖のレシピ

【大会側で提供する食材】当日支給します、食材の持ち込みは禁止。

・バレンシア米 1500g (ボンバ)

・オリーブオイル 1000ml (スペイン産)

・丸鶏 2羽

・うさぎ 1羽 (肝付)

・白花豆 1000g (茹でたもの)

・モロッコいんげん 1000g

・トマト 1000g

 ・ニンニク 2房
・パプリカ粉 50g 

・サフラン 適量

・コロランテ 適量

・塩 100g 

・水 12L

各チームに全て提供されます。

全て使いきる必要はありません。


【参考動画】

国際パエリアコンクール公式ページ

http://concursodepaella.com/la-receta/

【運営側で提供する機材】

パエリア鍋(70センチ)1枚 (新品・大会後プレゼント)

パエリア専用BBQ台1台 (※国際パエリアコンクール公式ブランドを使用)

パレタ(パエリア専用ターナー)1本

薪(各自持参いただいても構いません)

テーブル  1台

火消し用バケツ 1個

※それ以外の調理機材は各自で用意。

(例)・包丁、まな板、トング、おろし金、バッド、火バサミ等

【日本予選大会ルール規定】

・本申込時に登録をした選手のみで行う。( 1チーム3名以内  )

・制限時間内(2時間45分)に、提供資材を用い「バレンシアパエリア」を完成させ、審査会場へ提出する。

・パエリアに必要な食材は、公平を保つため全て大会本部より支給された物のみで調理する。

・支給食材以外の持込は即刻失格となる。

・審査会場への提出が済んだチームは、速やかに使用機材の清掃・撤収準備に取組む。

【審査基準・方法】

提出されたパエリャの作成者は分からない状態で審査会場に並べられ、審査は国際パエリアコンクー認定の審査員により行われる。

・国際大会基準に則り5項目の評価を行う。

「味・見た目・色・米の食感・おこげ」を点数評価。

合計点により順位を発表。

同点の場合は、審査員の話し合いにより決定する。

【諸注意及び禁止事項】

・出場者は調理及びコンクールに関連して発生した事故・苦情に対して、全ての責任を負う

事とします。

・出場者は衛生面に最大限の努力をし、事故・苦情が発生しないように努めてください。

・出場申込書及び各種提出書類の内容と異なる事実が発覚した場合、出場をお断りする場合 があります。

・周囲に対して美観を損ねたり、風紀を乱す行為はお断りいたします。

・テントやレンタル机に紙や布のガムテープを使用しないでください。

・会場備品に汚れや破損のある場合は弁償していただきます。

・会場内は喫煙場所を除いて禁煙となります。

・看板等の装飾物の設置は、各出場者の責任で十分な強風対策を行ってください。

・パエリャに必要な食材は、公平を保つため全て大会本部より支給された物のみで調理する。